アクティブセカンドエンジンズ Diary

登録時、ご利用のパスワードについて


重要な事に使うパスワードとネット上で使うパスワードは区別して別のものを使いましょう

YOMIサーチは、パスワードは暗号化されて、皆さんのパスワードは、こちら管理では判らない構造になっていますが、セキリティー意識の為に、銀行などの重要なパスワードとネット上で使うパスワードなどまったく別なものを使うようにしましょう

データを他に出す事は有りません・・・がしかし
データをハッキングされて万が一持って行かれないと言う100%の保証はできません。これは知識と戦い部分でも有り、但し、ここでは、重要な個人情報となるものは、メルアドとこのパスワードではないかと考えています

万が一この場合、セキリティーホールをついてしている知識の方ですから暗証化のパスワードもどれだけの意味があるだろうかと考えてしまいます

強制は当然しませんが
これら理由から、パスワードは、念の為に、重要な物とは区別して下さい

当サイトとしては、個人情報になるデータはまったく必要がありません
登録者名もニックでまったく問題ありません。利用規約を優先していますので
確認は、登録内部で、登録者しか判らない情報が有ると思いますから万が一でもそれらで確認したらいい事です

第三者もいたずらの場合、個人情報など、まったく意味が無いでしょう
それよりも接続情報とその接続時間の方が、事件性が有る場合にはサイバーが介入する事で重要な個人情報となるでしょう
この個人情報もプロバイダーとサイバー以外は判らないですから、犯罪をしていない限り何の問題もありません

この事で気になる事が、IPと接続時間で特定出来ているような詐欺を働くスパムメールから罠に掛ける「ワンクリック詐欺など」ですが・・・
もし、プロバイダーに支払いの件で誰かを教えてくれと来てももし、教えたらプロバイダイーが違法行為になります。
回答は、サイバー警察に届けてそこからの問い合わせで始めて調査が始まるいう状態になるでしょうが、良く考えて下さい
ワンクリック詐欺は犯罪の人間です。届を出したら、調べられて自首するような物です。増して脅しているような状況が出てきたら脅迫罪や、相手が未成年だったなら、未成年誘導と言う大きな犯罪に繋がるはずです

とにかく、ネット上では要求していない限りできるだけ個人情報となるものは提示しない
もし、個人情報を要求していた場合は、本当に必要なのか、提示して大丈夫なところなのか、良く考えて下さい

セキリティーは、技術的に優れているから防げると言うもの、ではありません
その本人が、破られてしまうセキリティーも有るのです

最もカードのシステムなど、時代の流れと共にトラブルの発生が予想などできるはず更に、トラブルが発生してもユーザーに明かさず。メディアに騒がれるまで放置するような部分、これも、見方によっては、悪徳の一つではないでしょうか

それらの情報を得て適切に判断する場所は、インターネットは最適な場所かもしれません
話は、外れましたが、「カモリスト」という詐欺集団のリストに貴方がされない為にも、個人情報にはご注意下さい
2006年08月26日(土) No.3 (サーチエンジン説明::直リンク説明用)

No. PASS