環境の違いによる一般の利用の違い
サイト登録の方は総合ヘルプを面倒でもご覧下さい・・by active 2nd engin's'
このサーチエンジンは、分野限定サーチエンジンの集合体です。    http://2nd.active-wave.com/

 映像を表示するには、FLASHプレーヤ無料が、必要です


LINK
インフォメーション
総合ヘルプ




MUSICはマニュアルスタート
オートリピートです

all FLASH紹介機能準備中
HOME


掲載上の取扱いや管理上の取扱いを向上させる為、通常のサーチエンジンとはかなり環境が違います。
管理サーチエンジンとメインサーチエンジンの役割
構造を図解すると、このようになります。

登録制御サーチエンジンに登録が無いとメインサーチエンジンに、掲載が出来ないシステムになっています

アドレスの制御・禁止分野をフィルタリングする為の制御・特殊認可項目の制御
全て判りやすく適切にリンクサイト皆様を紹介出来る目的で作られたものです。

一般的にはHPアドレスが一致しているか自動制御で確認して更新作業が出来るシステムを取っています
その反対に、この特殊認可制御に付いては、公認掲載でHP以後、複数掲載が可能になるシステムもあり商品販売の方には、お勧めです。
総合ヘルプ    制御部分についてのメリットと注意点

HPアドレス制御は、万が一第三者登録した方が、何かの理由でその後、管理上をすり抜けておかしな変更対応をされない為です。
その他に、特殊制御は、現在、商品販売サイトの方は、見逃せない機能必見かもしれません。総合ヘルプを良く確認下さい。
通常のサーチエンジンの方式では、管理上適切に掲載を考えるならば、不可能な方法です。しかし、セカンドエンジンスのこの「F−system」がこれを可能にしました。
サイトの方にとっては、要望の多い。同HP多数掲載公認機能
しかし、注意頂きたいのは、あくまでも、サーチ利用ユーザー方が便利に判りやすく利用出来る目的としています。けして、そのサイトが、他より目立ちたいという一方的な掲載をかなえる為では有りません
当然ルールがあります、何でも可能としたのでは有りません。必ず、総合ヘルプをご覧下さい。あまりにもルール違反は全掲載削除以後全面拒否も有得ます。
メールが自動送信    これらの違い、通常と違う掲載時の対応

登録サーチエンジンに掲載依頼を出しても確認のメールは、リアルタイムで皆さんに届きません
サーチエンジン管理が、後日確認作業をして掲載させて頂く予定のサイト皆さんのみ、その時に、初めて仮登録のメールが自動送信されます。
メールアドレスが、サイトアドレスと異なる場合は返信して下さい。「これはまるで関係の無い第三者の存在しないメルアド登録を防ぐ目的です」
最近心無い登録者がいる為です。メールはフリーメールでも何でも皆さんが、連絡が取れる物ならばかまいません。「出来れば、自動返信は、ご遠慮下さい。こちらも、メールが多数になり管理上混乱が多くなります。」
登録に覚えが無いなどの回避をする為です。また掲載上追加要望や変更点が有ればこの時にメールで連絡頂ければ幸いです。
その後メインサーチエンジン「これは返信しないで下さい」が登録台数分送信されるようになり、それ以後は、もうメールがそちらに行く事は、重要な連絡やお知らせが無い限り有りません。更新時も意味無くメールを受け取っても迷惑と考えて送信はされません
ですから、登録時の控えは、セカンドエンジンズの複雑さから、大切になる場合があります。
また、セカンドエンジンズから登録の覚えが無いのに、これらメールが届いた場合、ご連絡を頂けるようお願い致します。例えば、登録されると単純に喜んでいると、まったく関係のない第三者の登録の場合、悪用に使われてしまう場合があり良い掲載にならない場合が有るからです。その為に掲載の時に、メールが送信されるシステムにしてあります。
転送登録とツーアクション登録 その他、追加説明と、現在考えている変更点

転送掲載システムは、「一度で対応サーチエンジン複数に掲載される方式です」    この方式がベストなのか大変疑問や迷いが有る為、
全てツーアクション登録にするかもしれません。   この転送登録方式について
「通常のサーチエンジンのような登録方法を各専用サーチエンジンそれぞれ開放しては、管理上無理、心無い登録者が見つけた場合、毎日のように繰返していますので、この台数では、通常の登録方式は、不可能です。この「F−system」登録方式が可能になった為、出来たサーチエンジンです。ご理解下さい」
問題点として、転送掲載システムの各メインサーチエンジンの登録依頼で細かくカテゴリーを記入指定する方法が本当に、ベストなのか
管理上でも、ただ掲載をするのではなく確認作業と転送作業はかなりの手間を必要とします。
それでは、ツーアクション登録方式では、   現在、特殊な掲載の方のみですが
特殊公認登録に関しては、総合ヘルプを見て確認されて無ければ大抵の方が、想像の独自の判断では、掲載中止になる可能性が大変高くなります。また、確認しないで、特権のおいしい所だけ得ようとする方、そのような要素を持った方は仕方ないと思います。逆にあらゆる面でトラブルの元になっている場合があり掲載中止した方がベストの場合も有るかもしれません

それでは、通常の登録まで、全てツーアクション登録方式すると
登録専用制御サーチエンジンだけ依頼をかけて、掲載されたと思いこまれてしまう場合があります。
その為、メインエンジンに掲載がない事で反感を受ける場合も考えられます
ツーアクション登録は、登録制御エンジンに登録して掲載になったら認可確認されたメインサーチエンジンに2度目の登録をする方式ですが、この2度目の登録をやらない方が多数出てしまうのではないかという状況が想像出来、その可能性が高いのです
ただし、皆さんにとっても管理上にとっても登録依頼の判りやすさからこちらの方がいいかもしれません。「多くの台数を適切に依頼出来ます」しかし
第三者登録に対しては防御が弱くなります。但し、これも方法を考えたらいい事かもしれません
相互リンク皆さん   相互リンク皆さんのリンク集です。

セカンドエンジンズは、表示形式が更新重視です。つまり、更新する事でいつでも新着同等いや、新着サイトよりも実際には、有利に掲載される。表示形式を取っています。
つまり、早く登録した方ほど有利に掲載される方式になっています。速ければ早い登録ほど登録サイトの更新時の優先度は財産になります。「早く登録しても更新情報のみというデメリットを大幅改善」ある面、サーチエンジンは、登録だけで、たまに更新をしないと埋もれてしまいます。
セカンドエンジンズの更新は、更新する事でその直前の新着よりも埋めれ掛けていた貴方のサイトが一気に浮上、更に早い登録の方を優先する。新着には真似の出来ない優先特権が出て来ます。これは、禁止分野を多数排除してもあれだけの掲載数を可能にしているFステージの採用している表示機能を更に強化された物です。

そこで問題になるのが相互リンクマーク表示のメリットが、低下します。
そこで、別に表示する事でメリットを出す事にしました。それも、早く依頼頂いた方から優先的に掲載を考えました。
セカンドエンジンズのリンク場所に付いては、次のいずれかの場所1ヶ所のみで可能です。それで、セカンドエンジンズ内の掲載サーチエンジンで全て相互マークが付く事にします。
セカンドエンジンズのトップページ(逆アクセスも有効に)・同じくリンク頂けるサイトの関係分野メインサーチエンジン TOP・「対象外」ランキング専用サーチエンジンは除外
アクティブウェーブドットコムサーチエンジン管理部 インフォメーションセンター   サーチエンジンの変化状況を提示する総合情報センターです。

スタート直後のセカンドエンジンズは、御覧になって頂いた方は判ると思いますが、通常のサーチエンジンの環境とはかなり違うと思います
たぶん環境面でも修正点が必要になると思います。その場合いち早く情報が提示出来る場所が、この”アクティブウェーブドットコムサーチエンジン管理部 インフォメーションセンター”です。
また、サーチエンジンだけでは対応しきれない。あらゆる情報が、インフォメーションセンターに記入されます。
active 2nd engin's Produced By
アクティブウェーブドットコム・サーチエンジン管理部